このサイトは百鳥俳句会の公式サイトです。

URLhttp://momotori.com/
百鳥俳句会公式サイト

◆鳳声集(同人)秀句

◆鳳声集(同人)秀句

広々と学校跡地草を摘む       甲斐 遊糸

お向かひの湯を借りにゆく朧月    森賀 まり

亡き母と並び石蓴を搔きし浜     藤井 淑子

客のなき各駅停車山笑ふ       松内 佳子

囀りやト音記号のイヤリング     宮澤美和子

逃げ水を追ふやデジャビュの景の中  石﨑 宏子

嬰笑みて手術室へと春の朝      徳永 真弓

ふらここを漕ぐ白雲に乗りたくて   相川 幸代

丹念に絵馬読む翁しだれ梅      酒井 康正

子の折りし雛も並べる段飾り     荒木 民子

春愁の指輪グラスを鳴らしけり    池田ブランコ

夕桜知らぬ顔してすれちがふ     石川 英利

北窓を開きて富士と笑み交はす    井上  進

朝市に草餅を焼く浜ことば      小野寺 靖

山々の靄晴れ渡り卒業す       甲斐ゆき子

雛の目の美しきまま古りにけり    柿澤喜三郎

佐保川の桜が繫ぐ花と人       加藤美代女

桃咲いて蛇笏龍太の山河かな     金子 孝子

今昔の松に春の日へだてなく     木下 涼薫

師の歌碑に佇む岸辺鳥雲に      工藤 文子

春マフラー靡かせハープ橋渡る    小儀 洋子

竹林に埋もれし古墳山笑ふ      小林  烈

校門に手を触れてゆく卒業子     斎藤ひでを

道づれの一期一会や花の雨      坂本たま子

八十路なほ未知を楽しむ桜東風    四條 乙女

春の炉や百年の家明るうす      高田 洋子

初蝶のクルスの屋根に消えゆけり   滝本 香世

海見ゆる露人の墓や鳥帰る      竹中 昭子

亀鳴くや刻を紡ぎて恙なし      立和名順子

孫二人卒業証書見せに来る      長洲 素子

湯けむりの高きを掠め朝燕      野口 寿雄

ジョギングの靴陽炎を抜けきたる   長谷川久美子

春宵や鬼女の面にある愁ひ      広瀬 公子

春愁の種を残して旅に出づ      藤本 和香

春の雪試験開始のチャイム鳴る    藤原 宏子

風紋のできし河原や草青む      水野 幸子

春風や八十歳のチアガール      宮島ひろ子

まんさくや廻してみたき糸車     毛利 晴美

こんがりと煎餅の碑やうららけし   森 加名恵

孫の手の番屋にのこり鳥帰る     森田佳代子

探幽の襖絵つつむ春の闇       山下 明宏

竜天にのぼり蛇籠のあたらしく    山野 静恵

人の世を無言で繫ぐ古雛       吉見シナヨ

旅先の荷を増やしたる苗木市     渡辺 孝子

◆百鳥集(会員)巻頭句と選評

  諭さるる齢となりて春寒し  大塚 初江

 嘗ては諭す立場にあった者が年とともに諭される立場になる。「老いては子に従え」という言葉もある。一寸さびしい感じもするが、これは世の習い、謙虚に受け止めるほかない。しかし、年を取ったからといって全てに消極的になってはいけない。引篭りになってはいけない。その点、大塚さんは大丈夫である。例えば同時投稿の句に次のような句がある
  白髪のピンク着こなす春コート  初江
 ピンク色のコートを着て外に出る。「白髪」と「ピンク」の取合せが美しい。同じく同時投稿の句に「手をふりて別れを惜しむ春コート」もあるから、友人と春のいっときを楽しまれたのかもしれない。さらにこういう句もある。
  防滑の靴まだ履きて春浅し  初江
 「防滑の靴」は雪道で転ばないように工夫された靴。その防滑の靴を履いて雪の道を歩きまわる。大塚さんはまだまだ元気である。(大串章)

◆今月の主な内容

◆百鳥の飛翔 ―平成から令和へ― 〔主宰巻頭言〕 ………… 大串  章

◆今月の名句 〔秀句抄出〕 …………………………………… 山本三樹夫抽

◆「水車」〔主宰作品〕 …………………………………………… 大串  章

◆鳳声集(一)〔同人作品〕(自選)

◆鳳声集(二)〔同人作品〕(主宰選)

◆鳳声集秀句 ………………………………………………………… 大串章推薦

◆こんにちは 〔同人紹介〕 ……………………… 酒徳せつ子・谷口  裕

◆俳人協会新会員発表

◆百鳥作品評 〔主宰・同人作品鑑賞―4月号〕 ……………… 広渡 敬雄
                              (沖・青垣)

◆自句のほとり(95・96) ………………………… 中島 瑞枝・藤森万里子

◆《甲斐よしあき句集『転生』特集》
   総論――円熟した転生への道 ……………………………… 岩井 英雅(杉)

   一句鑑賞 ……… 阿部 敬子・小出  功・下村 一馬・高田 洋子
        藤井なお子(船団)・森賀 まり・吉見シナヨ・脇田躍志朗

◆創刊25周年記念コンクール評論の部 優秀賞
              「朔太郎と俳句」 ……………… 高橋 喜和

◆2か月競詠 〔特別作品〕 ……………………… 野口 寿雄・遠藤 千波
   競詠評 ………………………………………………………… 森賀 まり

◆現代俳句月評〔総合誌掲載作品鑑賞〕 ……………………… 池田ブランコ

◆今月の本棚 〔書評〕― 安西水丸句集『水丸さんのゴーシチゴ』
       ………………………………………………………… 増田まゆみ

◆探鳥1 〔同人作品鑑賞     ―4月号〕 ……………… 比田 誠子
◆探鳥2 〔雑詠5句欄鑑賞    ―4月号〕 ……………… 青池  亘
◆探鳥3 〔雑詠2・3・4句欄鑑賞―4月号〕 ……………… 宮島ひこ子

◆飛鳥集 〔テーマ別募集作品 ― 五月雨〕 ……………… 酒井康正選評

◆ひろば 〔エッセイ〕 …………………………… 遠藤 紀哉・安室 敏江

◆私の好きな季語(54)― 琵琶 ………………………………… 橋本 幸子

◆失敗しない文語文法(6) ……………………………………… 楢崎美和子

◆百鳥集 〔雑詠〕 ………………………………………………… 大串 章選

◆百鳥の俳句〔雑詠選評〕 ………………………………………… 大串  章

◆6月号句会案内