このサイトは百鳥俳句会の公式サイトです。

URLhttp://momotori.com/
百鳥俳句会公式サイト

◆鳳声集(同人)秀句

◆鳳声集(同人)秀句

金輪際居残り鴨のままでゐる     櫛原希伊子

初旅や荒波見ゆる席を取り      中村 昭義

探梅の丘に日蝕仰ぎけり       石﨑 宏子

恵方へと水陸両用バスに乗り     鈴木 綾子

初笑ひ象の描く絵に拍手して     大和あい子

白鳥に朗報聞いてもらひけり     村田美穂子

古稀楽し水仙の香よ墨の香よ     安達 輝美

名木の枯木となりしたたずまひ    池田 初美

北風に向かひ斎場出でにけり     大串 若竹

初雪や歌声揃ふケアハウス      大隈 恭子

一皮も二皮も剝け初笑ひ       岡田 直子

晩学の吉書焔にのりきれず      岡野かんな

冬の虹渡りブッセの国へ行く     柿澤喜三郎

とりどりの千の瞬き聖樹の灯     鎌倉ひろし

捨て畑に残るリヤカー冬ざるる    小出  功

初詣で幼なじみが子を連れて     小林とみゑ

外つ国の春着の見入る能舞台     小林  烈

初雪や干潟を歩くこととせり     郷田 健郎

春を待つ白寿の母の起居かな     後藤 雅夫

ウィンドーの貴石光らす聖樹の灯   斎藤ひでを

初空へ赤子差し上げ父若し      佐藤 悦子

見詰めゐる点滴の管去年今年     山遊𠅘金太郎

海のホテル白きクロスに冬いちご   鹿間  樟

厄払ひ村の習ひの餅配る       椙山 正彦

初鏡年相応の顔映る         杉山みゆき

戻り来し賀状に心痛めけり      瀬﨑 憲子

除夜の鐘止みたる闇に風鳴れり    髙杉 風至

梅ふふむはじめて貰ふ背番号     髙橋 喜和

穏やかな海を車窓に初電車      髙橋 和湖

門松の始発の駅に待ち合はす     高畠 光子

参拝の作業着ならぶ四日かな     武田 和代

初明り島にたつきの煙かな      田代 和峰

やはらかき起伏となりて山眠る    谷上 佳那

背くらべ祖父に加はる初笑ひ     長野 靖子

雪解村和紙の匠の受け継がる     新津 黎子

末つ子の婚約指輪初日差す      平野きらら

国境を次々越えて年来る       深井 慈子

嫁ぎ来て四半世紀や初明り      藤井智恵子

パソコンの起動うながす春着かな   藤原 絹子

白鳥の数確かむる幼かな       松村 光子

被災地に白鳥一羽飛来せり      薬師神和美

寒の水飲んで心を立て直す      山極マツ子

寒紅の舞妓襟替へ近きてふ      山本あかね

春の雪わが残生を祝ぐごとく     松田 雄姿

困民党戦士の魂か梅真白       山本三樹夫

喪の人を思ひ囀り聞いてをり     上野 澄江

氷像や日のあるうちは日に透きて   久保田哲子

繭倉も穀倉もある雛の家       若林杜紀子

卒業歌復習ふ最後の日となりぬ    田中 清之

大根引く力過不足なかりけり     不破 秀介

滑り台おり来し親子山笑ふ      高柳かつを

雪解宿峠を越ゆるライト見ゆ     安宅 弘子

臘梅の溶け落ちさうな日和かな    入谷 一舟

葦牙を研ぐ水のきら風のきら     上田久美子

歩の合うて話も合うて青き踏む    植松未知男

身ほとりに生と死ありて春浅し    岡崎 真子

春北風己励ますウォーキング     岡林 稲甫

駒返る草自転車を寝かし置く     甲斐よしあき

佐保姫の衣擦れの音聞こえけり    川上 素舟

妖精のタクトに氷柱そだちけり    鍬形ゆきこ

神官と巫女は親と子春祭       古賀勇理央

氷柱の叙事詩抒情詩見て飽かず    小儀 洋子

梅香る睫毛の如き蕊揺らし      小寺 敬子

万葉に詠まれし川のおぼろなる    小浜史都女

対岸は蕪村の故郷かげろへり     酒徳せつ子

病む母のひと日ひと日や春立てり   迫田由美子

終着駅春の雪舞ふ静けさに      髙宮 義治

凍て滝の奥に凍てざる水の音     田子  萌

南国の友来て作る雪だるま      橘 すなお

寒明けの古民家に鳴る時計かな    田中 陽子

石の椅子木の椅子春を待つてをり   中條ひびき

介護バス梅咲く道を選びをり     塚本 佐市

遺されし千代紙あまた雛を折る    中島 知江

凍て蝶や釘三本を奉納す       中山 奈々

紅梅やスイッチバックの峡深し    楢崎美和子

観音の裳裾に集ふ寒雀        西  石蕗

駆け出して風車の笑ひ出すごとし   西口 麻里

囀りや無になりきれぬ座禅の間    原 ヤス子

早春の空気ひとつぶ水の中      平田 倫子

風船や空飛ぶ夢は色褪せず      平野きらら

点滴と歩く廊下の余寒かな      広田 智恵

眠りたる児の手に萎えし土筆かな   宮崎 清子

顔ひとつ湯に浮かべたる雪見かな   望月 清彦

春愁の袋小路へ入りけり       森 加名恵

サイロより続く雪原旭岳       森  道隆

幼子の柩の祖父へチューリップ    安室 敏江

恐恐とのぞく崖より初音かな     渡辺きよえ

◆百鳥集(会員)巻頭句と選評

  厳寒の波打つ岩に鳥居かな  竹内 香代

 厳しい寒さの中、荒波の打ち寄せる岩に鳥居が立っている。飛び散る白浪が煌めき、身の引きしまる思いである。
岩の上に立つ鳥居は日本各地の海辺にあるが、私は数年前に訪れた北海道で見た鳥居が忘れられない。その鳥居は北海道余市町の大黒岩に立っていて魅力的だった。竹内香代さんが見た鳥居はどこの鳥居だろう。(大串章)

◆今月の主な内容

◆山河逍遥(125) 〔大串章作品鑑賞〕 ………………………… 望月  周

◆今月の名句 〔秀句抄出〕 ……………………………………… 比田誠子抽

◆「蜷の道」〔主宰作品〕 ………………………………………… 大串  章

◆鳳声集(一)〔同人作品〕(自選)

◆鳳声集(二)〔同人作品〕(主宰選)

◆鳳声集秀句 ………………………………………………………… 大串章推薦

◆こんにちは 〔同人紹介〕 ……………………… 工藤 文子・桑原木造人

◆百鳥作品評 〔主宰・同人作品鑑賞―3月号〕 ……………… 広渡 敬雄(沖・青垣)

◆第39回鮫島賞受賞記念
  森田佳代子句集『雲の図鑑』 自選15句/小文 …………… 森田佳代子
                お祝いの言葉 ……………… 久保田哲子

◆創刊25周年記念コンクール評論の部 優秀賞
     「野見山朱鳥の生命諷詠と他界諷詠」 ……………… 北川 玉樹

■追悼 安藤 孝助  30句抄 ……………………………………… 山本三樹夫
          追悼文 ……………………………………… 林  勝義

◆2か月競詠 〔特別作品〕 ……………………… 遠藤 千波・野口 寿雄
   競詠評 ………………………………………………………… 森賀 まり

◆現代俳句月評〔総合誌掲載作品鑑賞〕 ……………………… 池田ブランコ

◆今月の本棚 〔書評〕― 角谷昌子著
  『俳句の水脈と求めて――平成に逝った俳人たち』 ……… 早瀬 和子

◆探鳥1 〔同人作品鑑賞     ―3月号〕 ……………… 松田 雄姿
◆探鳥2 〔雑詠5句欄鑑賞    ―3月号〕 ……………… 藤井智恵子
◆探鳥3 〔雑詠2・3・4句欄鑑賞―3月号〕 ……………… 西口 麻里

◆飛鳥集 〔テーマ別募集作品 ― 蟇〕 …………………… 酒井康正選評

◆ひろば 〔エッセイ〕 …………………………… 大串 若竹・武田 和代

◆私の好きな季語(53)― 花は葉に …………………………… 斎藤ひでを

◆失敗しない文語文法(5) ……………………………………… 楢崎美和子

◆百鳥集 〔雑詠〕 ………………………………………………… 大串 章選

◆百鳥の俳句〔雑詠選評〕 ………………………………………… 大串  章

◆5月号句会案内