今月の巻頭句・秀句│百鳥俳句会

このサイトは百鳥俳句会の公式サイトです。

URLhttp://momotori.com/
百鳥俳句会公式サイト

◆鳳声集(同人)秀句

◆鳳声集(同人)秀句

湯の宿の人なき真昼麻暖簾      山本三樹夫

明日目指す主峰夕焼けのシルエット  石﨑 宏子

青き踏むとなりあはせに死者生者   久保田哲子

木洩れ日の明暗を蟻走りけり     不破 秀介

白服の明治の父に母添うて      酒井 康正

青麦を活け高原のパン屋かな     阿部 敬子

一水の百の植田をきらめかす     大串 若竹

陶器市訛とび交ふ薄暑かな      大隈 恭子

時計草刻うつくしく揃ひけり     御 主 火

百畳凧揚がる故郷の空青し      小川  忍

薔薇の束抱へて向かふコンサート   甲斐のぞみ

夏蝶の余生いざなふやうに舞ふ    加藤夕陽子

朴の花茅舎朱鳥の声聞こゆ      北川 玉樹

銘仙の端切れの手提げ昭和の日    鍬形ゆきこ

まくなぎを払ひて史跡巡りけり    小儀 洋子

大漁と大書の軸や武者飾り      小林とみゑ

八十八夜出合ふ点字の化石句碑    坂本たま子

百歳の翁の作や釣忍         塩沢 志於

柿若葉逝きし萬二の花器光る     下村 一馬

腹の子に祭囃子を聞かせをり     髙木加津子

大噴水湖より上がり映画祭      髙橋 喜和

籐椅子を残し文豪逝きにけり     髙宮 義治

ハンカチの花散る雨となりにけり   武田 和代

噴水が森の一樹となつてをり     中條ひびき

金魚すくひ子らに混じりて興じけり  鶴田 寿子

涼しさに羽を拡ぐる孔雀かな     中浦ミヱ子

登校の制服まぶし更衣        長洲 元子

エンディングノート今日より更衣   楢崎美和子

部屋中にレコード拡ぐ昭和の日    西  石蕗

新緑に触れむと傾ぐモノレール    野田 勝子

水満ちて夕陽の映ゆる植田かな    原 ヤス子

桜蘂わが晩年をいとほしむ      檜山 孝子

逗留の画家の遺作や夏座敷      平野きらら

青あらし村をひつくり返すごと    藤井智恵子

蚕室に桑食む音の記憶あり      藤森万里子

囀りにはじまる牧の朝かな      本城 宏基

花水木空家の多きニュータウン    棟戸  史

鳥の名をよく知る人と春惜しむ    毛利 晴美

夏蝶の淋しきまでの迅さかな     望月 清彦

更衣愁ひ変らず残りけり       山下 明宏

母の日の樹下に佇みひとりかな    山根 繁義

湖五月風のポプラとなりにけり    山野 静恵

しらじらと海月の花やフェリー発つ  吉村 一郎

鯉のぼり空に大河の流れあり     我妻 勝美

◆百鳥集(会員)巻頭句と選評

  万緑をゆく胸の火を消さぬまま  酒徳せつ子

 緑かがやく万緑のなか、「胸の火」を消すことなく歩きつづける。大自然の生命力と人間の心意気とが相呼応する一句である。これはたぶん吟行の時の句であろう。作者は佳句との出合いを求めて万緑の中を歩いているのだ。胸に燃える火は佳句を庶幾する心意気にほかならない。「消さぬまま」には、成果を焦らず辛抱づよく歩き回ろうという心構えも見てとれる。

 この句を読んで私は、先月(5月)の鶏頭会のことを思い出した。緑一色の榛名山・榛名湖周辺を歩きまわり、金子兜太句碑のある伊香保石段街も歩いた。拙句「万緑に句碑を遺して兜太亡し 章」はその時の句である。実は、その鶏頭会に上掲句の作者・酒徳せつ子さんがゲストとして参加した。初参加の酒徳さんは真剣な面持ちで吟行に挑み、時々仲間に季語に関わる質問をしたりしていた。上掲句の「胸の火」は吟行への熱意にほかならない。

 この鶏頭会には酒徳さんのほかに木下涼薫さんもゲストとして参加した。榛名湖湖畔の竹久夢二アトリエ跡で酒徳さんと木下さんは「涼しさや猫と女の夢二の絵 せつ子」「文机に夢二の温み風薫る 涼薫」を成した。ゲスト二人を交えてたのしい鶏頭会であった。(大串章)

◆今月の主な内容

◆山河逍遥(116) 〔大串章作品鑑賞〕 ………………………… 北川 玉樹

◆今月の名句 〔秀句抄出〕 ……………………………………… 比田 誠子

◆「雪渓」〔主宰作品〕 …………………………………………… 大串  章

◆短詩燦々・季節の色鉛筆(68) ………………………………… 清水 哲男

◆鳳声集(一)〔同人作品〕(自選)

◆言葉の手帳(41)〔エッセイ〕 ………………………………… 酒井 康正

◆鳳声集(二)〔同人作品〕(主宰選)

◆こんにちは ――新同人紹介 …………………… 中武 律子・棟戸  史

◆鳳声集秀句 ………………………………………………………… 大串章推薦

◆百鳥作品評 〔主宰・同人作品鑑賞―6月号〕………………… 遠藤由樹子(未来図)

◆自句のほとり(79・80) ………………………… 酒井 康正・森 加名恵

◎《森田佳代子句集『雲の図鑑』特集》
 総論 ………………………………………………………………… 石﨑 宏子
 一句鑑賞 …………… 奥野津矢子・西野 陽子・陽 美保子・生出 紅南
            鈴木 一三・平田 倫子・水沢 燕子・渡辺 正子

■追悼 尾崎和子
 30句抄出 …………………………………………………………… 上田久美子
 追悼文 ……………………………………………………………… 久保田哲子

◆2か月競詠 〔特別作品〕 ……………………… 冨永 道子・山下 明宏
   競詠評 ………………………………………………………… 田中 清之

◆現代俳句月評〔総合誌掲載作品鑑賞〕 ………………………… 毛利 晴美

◆今月の本棚 〔書評〕 神奈川大学広報委員会編『五七五の向こう側』
                ………………………………… 髙宮 義治

◆探鳥1 〔同人作品鑑賞     ―6月号〕 ……………… 不破 秀介
◆探鳥2 〔雑詠5句欄鑑賞    ―6月号〕 ……………… 増田まゆみ
◆探鳥3 〔雑詠2・3・4句欄鑑賞―6月号〕 ……………… 塩瀬 信夫

◆飛鳥集 〔テーマ別募集作品 ―― 星月夜〕 …………… 中村昭義選評

◆私の好きな季語(44)〔エッセイ〕 …………………………… 林 喜久子

◇「百鳥」創刊25周年記念コンクール作品募集
◇百鳥会員の誌代納入について

◆百鳥集 〔雑詠〕 ………………………………………………… 大串 章選

◆百鳥の俳句〔雑詠欄選評〕 ……………………………………… 大串  章

◆8月号句会案内